ファカルティ・ディベロッパー養成講座

京都で3日間,ファカルティ・ディベロッパー養成講座に参加しました。 http://web.opar.ehime-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2015/07/chirashi20150703.pdfとても内容の濃い時間を過ごしました。 感謝,感激です。これを持ち帰って活かすのが次の仕事ですね…

英教史:広島例会

昨日は日本英語教育史学会の広島例会。9月は広島開催が恒例となっています。 http://hiset.jp/reikai/reikai254.htm今回は英語教育史入門セミナー(第3回)を担当し,「明治時代の教科書ガイド:独案内研究の面白さ」と題して,これまでの独習書研究をまと…

英学史支部ニューズレターNo.83

支部ニューズレターNo.83を発行。 今年度の支部総会・第1回研究例会(通算72回)の報告を掲載しています。 http://tom.edisc.jp/eigaku/reikai/reikai072.pdf - 今回の「広島英学史の周辺」(49回目です) - このところ,パソコンやスマホでSNS(Social Networ…

伝統と新基軸

滋賀大学でワークショップを行いました。タイトルは,「英語教育の伝統と新基軸」。個人のオフィシャルサイト(?)のタイトルから取りました。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~umamoto/ワークショップの様子は,こちらにアップしていただいています。感謝。…

虎の巻

虎の巻のことを米語で Cliff's Notes ということを知ったのは,Bob Greene の Be True to Your School を読んだときのことだ。(25年くらい前。)改めて調べてみると,これは学習ガイドブックのブランド名で,ウェブサイトもある, http://www.cliffsnotes.c…

会読の解読

漢学,蘭学,英学の訳読課程において,素読に続いて行われたのが「会読」である。 会読というのは,基礎的な語彙・文法を学んだ後に,あるテクストをどう解釈するかを集団で吟味する学修過程のこと。今で言う輪読,ゼミナール,協働学習といったところか。 …

教員免許状更新講習

今年の夏も,講習を開きます。庄原キャンパスでの英語講習は初の試みです。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/7584.pdf 受講申込期間は12日まで。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/site/teachlisence/kyoumenkousyuu.html

独習書年表

昨年度までの科研費課題研究の成果の一部を公表しています。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~umamoto/stb/

語源学習とキーワード法

授業で英単語の学び方についてプレゼンテーション。学生諸君からは,単語をパーツで分ける覚え方と,語呂合わせの紹介があった。ウェブ上に興味深いサイトがあるので,ここへリンク。◇Gogengo ◇楽単 ◇英単語語呂合わせ ◇薮下研究室 キーワード法については,…

英学史:支部総会&研究例会

日本英学史学会中国・四国支部 http://tom.edisc.jp/eigaku/ 今年度の総会と,第1回研究例会(通算72回)を開催。 http://tom.edisc.jp/eigaku/reikai/reikai072.pdf私の研究にとってもヒントが満載の,充実した会となりました。

英教史:全国大会

日本英語教育史学会 http://hiset.jp/ 今年度の全国大会 http://hiset.jp/zenkoku/zenkoku2015.pdf私の発表は,相変わらず,準備不足の目立つものとなってしまった。 反省。 それでも,発表後の質疑応答から,どう補っていくかという方向性を与えていただい…

Note Taking

今年度から始まった大学基礎セミナー。「ノートテーキング」の時間を担当し,授業で使った資料と,関連リンクをウェブに掲載しました。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~umamoto/class2015/notetaking.htm ついでに前期のスケジュールをリンク。 http://www.…

英学史:ニューズレターNo.82

支部ニューズレターNo.82を発行。 今年度の支部総会・第1回研究例会(通算72回)の案内を掲載しています。 http://tom.edisc.jp/eigaku/reikai/reikai072.pdf◆◆◆ 広島英学史の周辺(48)明治期の英語独習書を集めたデータベースを作成しています。訳述者のひと…

教学マネジメント

学内の研修会で,玉川大学の菊池先生のお話を聞いた。とても刺激的だった。私は,学内では「高等教育」を推進する担当者の一人ということになっているが,自分の持っている知識や行動力はまだまだだなあ,ということを痛感させられた。先生のお話に関連する…

大学フォーラム

京都大学で大学教育研究フォーラム。 http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/forum/2014/今年は「地域情報発信論」の実践発表をした。ただ聞くだけではない参加は,アクティブラーニングを推進する立場からも貴重であったと思う。 他大学の実践や講演を聞きなが…

生涯学習講座

恒例の年度末の言語文化生涯学習講座。 http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/life/14862_25722_misc.pdf「学び直しのための音読法」 去年に引き続き,音読を取り上げました。読む素材は倉田百三の『出家とその弟子』の英訳,The Priest and His Disciple…

第20回FDフォーラム

京都で開催されたFDフォーラムに参加した。 http://www.consortium.or.jp/project/fd/forum初日のシンポジウム「学修支援を問う:何のために,何をどこまでやるべきか」。 「学修」という考え方,「アクティブ・ラーニング」の根本的な意義,「リーダーシッ…

Moodle Moot Japan

京都で開催された 7th Moodle Moot Japan に参加した。 http://moodlejapan.org/home/course/view.php?id=59&lang=jamoodle を使ってはいるけれど,今もわからないことだらけ。 この会の存在は知っていたけれど,敷居が高い,と思っていた。 技術的な話にな…

放送大学国際シンポジウム2015

幕張メッセで開催されたシンポジウムに参加した。 http://www.ouj.ac.jp/eng/sympo/2015/以前参加したのは3年前。 http://www.code.ouj.ac.jp/sympo/2012/国際的な高等教育の潮流の中でのICTの位置付けを知る上で,貴重な機会だ。今回のテーマは「障害のあ…

英学史:ニューズレターNo.81

支部ニューズレターNo.81を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter81.pdf 広島英学史の周辺(47) 明治から戦前期までの英語教科書や独習書を集めていると,たびたび余白に書き込まれたメモを見つけます。英単語の発音がカナで記されたり…

英学史:71回研究例会

第71回研究例会。 http://tom.edisc.jp/eigaku/reikai/reikai071.pdf

英学史:ニューズレターNo.80

支部ニューズレターNo.80を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter80.pdf 広島英学史の周辺(46) 話題の朝のテレビ小説。『赤毛のアン』の村岡花子に続き,竹鶴政孝の物語も「英学の気」を伝えてくれます。かつてこの欄に次のように書き…

英学史:ニューズレターNo.79

支部ニューズレターNo.79を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter79.pdf 広島英学史の周辺(45) 痛ましい災害が続き,胸が痛みます。危機を回避する対策とともに,突然の事態を受けとめる「心の備え」が必要なのかもしれません。ここで…

英学史:ニューズレターNo.78

支部ニューズレターNo.78を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter78.pdf 広島英学史の周辺(44) 年度初めに備え,研究室の片づけを試みた。予想通り,片付くどころか一層乱雑に。ただ,収穫もあった。しまい込んだまま行方不明だった中…

外国語活動から始まる英語教育

英学史:ニューズレターNo.77

支部ニューズレターNo.77を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter77.pdf 広島英学史の周辺(43) Stevenson の Treasure Island は,大学時代のテキストの一つでした。ペーパーバックの冒頭に出てくるbacon and eggsのところで,先生が…

英学史:ニューズレターNo.76

支部ニューズレターNo.76を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter76.pdf 広島英学史の周辺(42) 長く続いた暑い夏がようやく終わり,急激に気温が下がってきました。ここ数年,秋雨の時期が後ろにずれている,ということをラジオで聞き…

英学史:ニューズレターNo.75

支部ニューズレターNo.75を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter75.pdf 広島英学史の周辺(41) 寺田芳徳先生には,比治山女子短期大学赴任当初より大変お世話になりました。LL教室の機器や教材をどう活用するか,先生の理念と方法論を…

英学史:ニューズレターNo.74

支部ニューズレターNo.74を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter74.pdf 広島英学史の周辺(40) 年 4 回のサイクルでニューズレターを発行するようになってから40号を迎えました。早いもので丸10年,事務局兼広報を担当して参りました…

英学史:ニューズレターNo.73

支部ニューズレターNo.73を発行。 http://tom.edisc.jp/eigaku/newsletter_bn/newsletter73.pdf 広島英学史の周辺(39) 初めての今治例会はとても実り豊かな会となりました。地域の英学史・英語教育史を追い続ける地元研究者との直接対話は実に有意義でした。…